Nexus6に機種変更したのでレビュー!  外観・付属品など

1/29/2015


 メイン機をY!mobile版Nexus6に変更したので、外観、付属品等いろいろとレビューしていきます!


 当初、GooglePlay版を買ってdocomoのmoperaで運用しようと考えていたのですが、月々の料金のこと・修理サポートなどを考えて結局Y!mobileにMNPすることになりました。
 Y!mobileで使用するにあたり、電波はどうなんだろうかと思いましたが、SoftBankの電波網を使えることがわかり一安心。月500円で故障サポートも受けることができますし、満足です。しかし機種が新しいからか、機種の月々割は500円ほどとdocomoの月々サポートに比べるとやや物足りない気がします。



本体について

 今回レビューするのはNexus6(クラウドホワイト・64GB)。契約を考えると2年は使わなくてはならないのでコンテンツを多く保存できる64GBを選びました。
 GooglePlayでは毎週水曜日の深夜に在庫が入荷しているようですが、64GBは高価ながらも人気があるようで毎回数十分で売り切れるような状況になっています。あと数ヶ月もしたら在庫は安定するでしょうね。


 ディスプレイ上部と下部にスピーカーが搭載されていて、例えば動画を閲覧するときは迫力あるサウンドを楽しむことができます。
 写真でも分かるように背面はカーブしているので6インチながらも持ちやすい印象を受けます。イヤホンジャックの隣にあるのはSIMトレイ。MicroSIMではなくiPhoneと同じnanoSIMなのでMVNOで運用しようと考えている人は間違えないように。



 こちらはNexus7(2013)と比べた写真。nexusロゴはNexus6のほうが高級感がある感じ。モトローラのロゴもなかなかに存在感があります。




付属品


  • 保証書、説明書
  • Turbo Charger 高速充電器(15分の充電で約6時間使用が可能)
  • Nexus6本体
付属品は至ってシンプル。Xperiaのようなクレードルなんかはありません。Turbo Charger充電器は急ぎの時は便利ですが普段使いではバッテリーが消耗してしまう可能性があるため、通常はQiか普通の充電器を使うのが良いと思います。



ソフトウェア

 Nexus6には最新のAndroid5.0が搭載されています。Android5.0についての全体的なデザインは「ようやくNexus7(2013)にAndroid5.0のアップデートがやってきた!」の記事に書いてあるのでこちらを参照ください。



 Nexus6起動時に出てきた「タップ&ゴー」。これは機種変更の際、以前に使っていたAndroidスマートフォンのGoogleアカウント・アプリなどをアプリなどを移動させることができる機能です。(ただし両機NFC対応の必要がある)



 写真のように画面にうっすら時計と通知が出てくる「アンビエントディスプレイ」と呼ばれるこの機能は、机の上に置いているNexus6を持ち上げた時に通知を知らせてくれる便利機能です。そのままタッチすると通常のロック画面が点灯します。
 本体が大きく、電源ボタンを押すのが難しいNexus6にとって、すぐにロックを解除できるのはホント便利です。ただ、その分バッテリーの消費も早くなりますのでバッテリー持ち重視か便利さを選ぶかといったところでしょうか。




ディスプレイ及び視認性について

カラフルな壁紙にするととても綺麗

 Nexus6のディスプレイは5.96インチでQHD(2560×1440)解像度(493ppi)の有機EL。iPhone6 plusのディスプレイ(401ppi)と比べるとNexus6はそれを超える繊細さということで、もはや肉眼でドットを確認するのは不可能です。

 白の発色は液晶には負けますが、鮮やかさでは有機ELの方が上。赤や青の発色がキツイという声もありますが、自分は特に気になりません。 Nexus6のディスプレイは最近のGALAXYシリーズのような最近の有機ELではなく少し前のものを搭載していて家電量販店の実機を見ると黄ばんだ画面のものがあったのですが、実際手元にあるNexus6はそこまで黄ばみが気にならないのでディスプレイに関しては個体差があるようです。

1インチ違うだけなのにこんなに大きい
 海外で報告されている焼きつきについては、よっぽど長時間使用しない限りはすぐには出てこないでしょう。しかし有機ELもまだまだ発展途上の技術。数年もすればナビゲーションバーは焼き付いているかもしれません。

 また「画面輝度」。これも不満の一つです。他のレビューにもありますがNexus6は輝度を最大にしても液晶搭載スマートフォンのに比べて暗いのと元々日光に弱い有機ELディスプレイが相まって直射日光下での視認性は悪いです。日陰に入ればましになりますが、やはり外では液晶搭載のスマートフォンの方が有利ですね。



まとめ

 いままでのNexus史上もっとも作りが良いスマートフォンです。モトローラロゴが邪魔だという意見がありますが、自分は気にしていません。むしろロゴ部分が凹んでいるおかげで持ちやすいです(笑)。最新のチップセットを搭載しているおかげで、全ての動作もサクサクで、2年前のAndroid機を使ってた身としては感動しかありません。
 GooglePlayで買おうとしている人は在庫回復にもう少し辛抱しなければいけませんが、所有欲を満たしてくれるので、おすすめの1台です!!!

 
「Nexus6を徹底保護するために買ったもの」記事へ続く...

You Might Also Like

0 コメント