「LINE MUSIC」はApple MUSICの対抗馬になるか? 8月9日まで無料トライアルキャンペーン中

6/12/2015



昨日、正式にリリースされた音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」を紹介します!


LINE MUSICについて

LINE MUSICは今までの音楽ストリーミングサービスと同じく月額料金を払って音楽を聞くシステムです。有名ドコロではSpotifyなどがありますが、いまいち一般(特に国内)には浸透していませんでした。
 しかし先日WWDCで発表されたAppleの「Apple MUSIC」をはじめ、エイベックス・サイバーエージェントがリリースした「AWA」など本命の音楽ストリーミングサービスがここ最近になって続々と出てきました。その中の1つが「LINE MUSIC」なのです。

 このLINE MUSICは面倒な登録がいらないのが大きな特徴。LINEをやっている人なら自動的にログインしてくれます。Apple MUSICが24時間世界中のラジオを聴けて、さらに3000万曲以上の音楽も楽しめるといった大規模なものに対して、LINE MUSICは国内外で150万曲以上(年末には500万曲以上になる予定)の音楽を提供します。
 規模は小さいですが日本だけで見たLINEの普及率の高さを考えると需要が全くないということは無いと思います。また、Apple MUSICがいつ日本で始まるかまだアナウンスされていないためまだアドバンテージがあります。





操作画面




 写真左は画面の左から引っ張ることで出てくる各種メニュー。下には簡易的なプレイヤーがあります。LINE MUSICの特徴の1つでもある「シェア」は今自分が聴いている曲をLINEの友達やグループのトークに貼り付けてシェアできるというもの。

 写真右はプレイヤー画面。案外スッキリした見た目で好印象でした。




 こちらは、テーマ&ジャンルから邦楽を選んだところ。残念ながら洋楽ほどジャンル分けされておらず、邦楽で一括りになっています。ちょっと使ってみて改めてわかりましたがアーティストはやはりまだ少ないように感じます。





音質・通信量について 


 
設定の中には音質に関する項目があり、高(320kbps)・中(192kbps)・低(64kbps)・ネット環境に合わせて自動設定があります。高に設定して聴いてみましたが想像以上の高音質さで驚きました(もちろん機種によってやや音質は違います)。


 通信量についてですが4分ちょっとの音楽2曲(音質・高)で82.99MBでした。単純計算ですが、30曲前後で1GBに達するので、モバイルネットワークで使用する場合は音質を下げるか、WiFi時にキャッシュを設定する(一度聴いた曲をもう一度再生するときは通信量が軽減される)なり工夫が必要になりそうです。






使用料金

  • ベーシックプラン・・・月額500円で30日間20時間聴き放題(超過分については10時間300円)
  • プレミアムプラン・・・月額1000円で30日間無制限
 学生の方は、アプリから生年月日・学校名を指定すると学割が適用され、ベーシックプランが300円、プレミアムプランが600円になります。

 また、今なら8月9日まで全機能を無料で利用できるのでとりあえず試したいという方は実際にダウンロードして体験してみてください!






You Might Also Like

0 コメント