docomo2015-2016 冬春モデルのスマートフォンを発表  Nexus5Xがdocomoから

9/30/2015


docomoは9月30日に行われた2015-2016の冬春モデルの新製品発表会において、13機種を発表しました!



 特徴としては、4Kディスプレイを搭載したハイエンドモデルや、最新のAndroid 6.0を搭載した端末、PREMIUM 4G™が受信最大300Mbpsに対応、生体認証などが挙げられます。以下に紹介するのは10機種のスマートフォンです。




arrows fit F-01H


 5.0インチHDの有機ELディスプレイを搭載したミドルレンジクラスのarrows。従来の先進的なイメージを表すarrowsロゴとは違い、刷新され可愛らしくなりました。Android5.1を搭載し、CPUにSnapdragon410、3日持ちの2330mAhバッテリー、8.1MPカメラ(インカメラは2.1MP)、IPX5,8 IP6Xの防水防塵に対応しています。シンプルなデザインながら本体はアメリカの軍用機準「MIL-STD-810G」に準拠。
 arrowsお馴染みのヒューマンセントリックエンジン、文字入力にはSuper ATOK ULTIASを搭載しています。

 カラーバリエーションはaka・kuro・shiro・midoriの4色。10月7日に発売予定です。




Xperia Z5 SO-01H


 世界最速の0.03秒フォーカス、5倍ズームしても画質が劣化しないなどカメラ機能が強化され、デザイン面でも背面にはすりガラス、電源ボタンに指紋認証センサーを搭載するなど大きな真価を遂げたXperia。ハイレゾ音源の再生だけでなく、デジタルノイズキャンセリング、DSEE HXなど音楽機能も充実しています。
 5.2インチFHDディスプレイ、Snapdragon 810、2900mAhバッテリー、23MPカメラ(インカメラは5.1MP)、IPX5,8 IP6Xの防水防塵に対応。

 カラーバリエーションはホワイト・グラファイトブラック・ゴールド・グリーンの3色。10月下旬に発売予定です。


 【追記】docomo OSAKAにて実機を見てきました!

 設定にはロックがかかっており、指紋認証については確かめることができませんでした。本体裏のガラスについてですが、いわゆる「すりガラス」と言うよりかは、ラバーに似た滑り止めの感触。




AQUOS ZETA SH-01H


 PREMIUM 4Gの受信最大300Mbpsに対応する唯一のスマートフォン。「GR certified」を取得した高画質レンス、120fpsのスローモーション撮影、自撮りに最適な8MPインカメラなど、カメラ機能が充実したモデルとなっており、ディスプレイにはIGZO液晶を搭載しています。背面にはなぞるタイプの指紋認証センサー、グリップマジックエモパーなどSHARP独自の機能も。
 5.3インチFHDディスプレイ、Snapdragon 808、3100mAhバッテリー、13.1MPカメラ(インカメラは8MP)、IPX5,8 IP5Xの防水防塵。

 カラーバリエーションはブルー・ブラック・ピンクの3色。11月上旬に発売予定です。


 こちらも実機を確認してきました!
 この機種最大の特徴であるハイスピードIGZO。これがほんとに凄い。画面をスクロールしているというよりかは紙そのものを滑らせているかのような気持ち悪いほどの滑らかさで一度慣れてしまうと、他の機種では違和感を感じるかもしれません。
 ディスプレイについてもSHARP独特の画面の白さがほとんどなくなり、かなり好印象でした。




Galaxy Active neo


 スペックは控えめなもののディスプレイにゴリラガラス4、本体がアメリカの軍用規格「MIL-STD-810G」21項目に準拠し、メーカー独自の試験4項目に対応することでかなりタフなGalaxyとなっています。日常でも使える「バッテリー温存モード」や、手袋をしたままでも操作可能な高感度ディスプレイも搭載しています。
 4.5インチWVGAディスプレイ、Snapdragon 410、2200mAhバッテリー、8MPカメラ(インカメラは2MP)、IPX5,7 IP6Xの防水防塵。

 カラーはカモホワイト・ソリッドブラックの2色。11月上旬に発売予定です。




Xperia Z5 Compact SO-02H

 先ほど紹介したXperia Z5 SO-01Hのコンパクトモデル。背面のフロストガラス、0.03秒の高速フォーカス、電源ボタンの指紋認証センサーなどほとんどのスペックがZ5と同等です。違いとしてはバッテリーがやや少ない2700mAh、4.6インチHDディスプレイぐらいでしょうか。

 カラーはイエロー・グラファイトブラック・ホワイト・コーラルの4色。11月中旬に発売予定。




Xperia Z5 Premium


 世界初となる4Kディスプレイを搭載し、本体背面は光沢仕上げとなっているプレミアムなXperia。全てが4K表示されるのではなく、映像や写真に限って4K表示になるためバッテリーの心配はなさそう。Youtubeなどのコンテンツも4Kアップコンバート機能によって4K相当の表示が可能です。
 こちらもZ5とスペックはほぼ同じでディスプレイが5.5インチ4Kであること、バッテリーが3430mAhであることが違いです。

 カラーバリエーションはクローム・ブラックの2色。11月下旬に発売予定です。




arrows NX F-02H


 富士通のフラグシップであるarrows NX。冬春モデルとして唯一虹彩認証「Iris Passport」を搭載し、高セキュリティと使いやすさを両立、またハイブリッドオートフォーカスにより、高速なフォーカスを実現したモデル。本体はarrows fitと同じく14項目のMIL規格に準拠し、ハードアルマイトや高強度のナノテクファイバーが傷から守ります。
 5.4インチWQHDディスプレイ、Snapdragon 808、3390mAhバッテリー、21.5MPカメラ(インカメラは2.4MP)、IPX5,8 IP6Xの防水防塵。

 カラーバリエーションはアイリスグリーン・ブラック・ホワイトの3色。11月下旬に発売予定。




AQUOS Compact SH-02H


 主に女性を意識したモデルで、背面パネルにニュアンスシートを貼ることでデザインを楽しんだり、おしゃれに光るヒカリエモーションを搭載するなど遊びゴコロ満載のスマートフォン。
 ディスプレイにハイスピードIGZO・S-pure LEDを搭載することで、映像コンテンツなどを滑らかに表示することができるとしています。
 4.7インチFHDディスプレイ、Snapdragon 808、2810mAhバッテリー、8MPカメラ(インカメラは2MP)、IPX5,7 IP6Xの防水防塵。

 カラーバリエーションはイエロー×シルバー、ブラックの2色。12月上旬に発売予定です。






Disney Mobile on docomo DM-01H


 AQUOS Compact SH-02Hをベースにした、ディズニーモバイル最新機種。背面にはシンデレラ城のシルエットが入っており、通知LEDがミッキーになっているなどディズニーの世界観がつめ込まれたスマートフォン。ディズニーのオリジナルコンテンツやアプリケーションも豊富で、ディズニーマーケットに登録すると100以上のアプリと3万以上ののコンテンツが無料で楽しめます。

 カラーバリエーションはスパークルピンク・スパークルブルーの2色。1月下旬に発売予定です。




Nexus 5X


 本日未明に発表されたばかりのGoogle Nexusブランドのスマートフォン。最新のAndroid6.0を搭載し、同OSで正式サポートとなったUSB Type-Cコネクタ、指紋認証センサーを搭載しています。docomo版では容量は 32GBモデルのみ。PREMIUM 4Gにより受信最大262.5Mbpsに対応しています。
 5.2インチFHDディスプレイ、Snapdragon 808、2700mAhバッテリー、12.3MPカメラ(インカメラは5MP)。

 カラーバリエーションはブラック・ホワイトの2色。SIMフリー版で存在したミントカラーはありません。10月下旬に発売予定です。


 こちらも実機を見てきました。
 デモ機は設定にロックがかかっており、もう帰ろうかと思っていたところ、説明員の方がプロトタイプを出してくれました。

 指紋認証についてですが、すこぶる快適。認証センサー部分はボタンにはなっていませんが、スリープ状態でそこに指を置いただけで「ブッ」というバイブと共に一瞬でホーム画面が映し出されます。ボタンを押す動作が無い分、認証速度はiPhone6よりかは上だと思います。

 中身は至って普通のNexus。docomoアプリは1つも入っていませんでした。



docomo 報道発表資料

You Might Also Like

0 コメント