Sponsor

Lumia 1020にWindows 10 mobileはちゃんと動くのか?


電話としては使わずとも、カメラ用としてなかなか出動回数の多いLumia1020。そんな本機に最新のWindows 10 mobileをWindows Insiderを通じてアップデートしてみました!



 Windows 10 mobileアップデートが公式にアナウンスされているLumiaは930や640等、30番台40番台の比較的新しいLumiaばっかり。20番台として唯一Lumia1520がアナウンスされていますがそれ以前のものはほったらかしのままです。
 Lumia1020の公式アップデートなんている来るかも分からないし来ない可能性だってあるので、Windows Insiderを通じて入れてみることにしました。

 ちなみに本機には過去2回Windows 10 mobileをインストール(Technical PreviewBuild 10136)してきましたが、いずれもカメラ機能が全く使い物にならなかったので結局8.1に戻していました。





 では8.1から何が変わったのか簡単ではありますが紹介していこうと思います。8.1ではOfficeアプリが統一されておりファイル編集が簡易的にしか出来ませんでしたが、10になってからはWord・Excel・PowerPointがそれぞれ個別のアプリとなりPC程ではないものの編集機能が従来より大幅に強化されました。
 純正のOfficeアプリを使用できるのが今までのWindows Phoneの強みだったのですが、iOS・Android向けのOfficeアプリが登場してからはそうでもなくなりましたね。





 戻るキー長押しで表示されるマルチタスク画面。8.1ではテーマカラーの単色が背景に表示されるだけでしたが10になってからは背景に指定した画像がマルチタスク画面の背景にも表示されるように。UIも若干ですが変更されています。





 右が8.1の時のLumiaCamera。10になってもUIは全く変わっていなかったので、標準のカメラアプリ(写真左)を開いてみたところ、Lumia Cameraのようなデザインになっており使い勝手が向上していました。
 使ってみるとやはりシャッターが切れてから保存されるまでが遅かったり、フォトアプリが若干カクついていたり不安定ではあります。しかしカメラの起動すら怪しかった以前のビルドのことを考えるとかなり改善されており、常用できる範囲内だと思います。





 電話として使用していないので、自分には縁がない電話アプリ。10になって見やすくはなっているんですが、人によってはダイヤルパッドが大きい8.1の方が使いやすいかもしれません。





 写真左のものがPCのWindows 10でも実装されているブラウザ「Microsoft Edge」のモバイルバージョン。8.1の時のInternet Explorerと比べて特に早くなったという感覚はなく使い勝手もどっちもどっちな感じ。






 以前のビルドにはなかった日本語対応のCortana。CortanaはiOSのSiriのような音声アシスタント。以外にも流暢に話します。「Siri」と話しかけたら「シリアスな話。私はCortanaです」と怒られました。





 先日リリースされたWindows 10 mobile向けの公式Twitterアプリもインストールできました。Android・iOS版ほどフルな機能は有していませんが、動画ファイルの再生やGIF画像等使いやすくはなったと思います。




 現時点で公開されているwindows 10 mobileはとても実用的で今のところ8.1に戻して使おうというほどではないですが、やはり前の機種では動作面でしんどいところもあります。Lumia1020も満足ですけど1030期待してるのでそろそろ出して下さい。。。



コメントを投稿