日本でまさかのAndroid One端末「507SH」が登場 Y!mobileから7月下旬発売



Y!mobileから日本初のAndroid Oneスマートフォンである「507SH」が登場しました!


 Android OneはメーカーとGoogleが協力し、GoogleのAndroid OSの姿をありのまま表現できるスマートフォンを開発するプログラムのこと。今までは新興国向けの比較的安価なスマートフォンとして提供されてきたイメージのあるAndroid Oneだったのでまさか日本で出てくるとは思いませんでした。

 今回、日本で初めてのAndroid Oneスマートフォン「507SH」の製造を担当するのはSHARP。中身は純粋なAndroid OSなので国内機でよくある余計なアプリも見当たらず、Google純正のアプリばかりが並ぶのでNexus同様に使いやすそう。


507SHのスペックは以下の通り。

OS Android 6.0 Marshmallow
CPU Qualcomm Snapdragon 617 8コア
RAM・ROM 2GB・16GB
バッテリー 3010mAh
ディスプレイ 5インチHD IGZO液晶
カメラ メイン:13.1MP
サブ:5MP
サイズ 約142×71×8.8mm 約135g
カラバリ スモーキーブルー・ホワイト・ブラック

 ディスプレイは2.5Dのガラスを採用し、全体的に丸みがかったデザインなので持ちやすいと思います。
 SHARPならではのIGZO液晶を搭載し、国内仕様らしくしっかりと防水防塵(IPX5/8・IP5X相当)とワンセグをサポートしています。バッテリー容量も多いので電池持ちには期待できそうです。

背面下にAndroid Oneのロゴ


 OSのアップデートのサポートが2年間保証されているので、次のAndroid 7.0 Nougatはもちろんその次のアップデートまであるかもしれません。
 価格がいくらになるのかはまだ分かりませんが、低価格に抑えられればかなりコストパフォーマンスの優れた1台になると思います。発売は7月下旬を予定。


SOURCE:SoftBankプレスリリース507SH製品ページ

コメント