【Fossil Q Marshal レビュー】どんな服でも合わせやすいカジュアルさが魅力のスマートウォッチ

10/03/2016




Android Wear搭載のスマートウォッチ「Q Marshal」を購入したので開封の儀から外観レビューまで紹介しようと思います!




Q Wander



Q Marshal

スマホの周辺機器という位置づけからかASUSやSONY、HUAWEIなどといったスマートフォンメーカーから発売されるものが多くを占めている日本市場に突如現れたのがアメリカの時計ブランドFossil。聞いたこと無いよって人が大半だと思いますが、調べてみるとEMPORIO ARMANIやDIESELといったブランド時計の製造を委託されているなど、それなりに凄い時計メーカーなんだそう。

日本向けにはかなりの量のスマートウォッチ投入を発表しましたが、中でもAndroid Wearを搭載する「Q Marshal」と「Q Wander」の2機種に心惹かれ、勢いそのままにポチッといってしまいました。初代Moto 360よ、お疲れ様。。。

それにしてもスマートウォッチそのものは、かつて新しいもの好きの人やガジェット系趣味の方々が身につけているものでしたが、今や街中でも普通に見かけるほど浸透するようになりましたね。



開封の儀



ではでは開封の儀から。今回の購入したのは「Q Marshal」のブラウンレザーモデル。他のブラックシリコンモデルとかなり迷ったんですが、これから汗をかく季節じゃないしスマートウォッチらしくないカジュアルな見た目が良かったのでこちらを選択。

パッケージは時計らしいスクエアな箱。きっちりハマっていてフタを開けるのに結構手惑いました。



フタを開けると本体がお目見え。時計が入っているところは「Q」の形にくり抜かれています。こういう遊び心、好き。



簡単な説明書。2年間の保証があるのも嬉しい。



その下のやつは。。。



じゃん、充電器!
Moto 360のときと同じワイヤレス充電。こちらのほうが持ち運びしやすそうですね。





充電器はこんな感じで時計の裏に、上品な優しい磁力で「ぴとっ」とくっつきます。
充電中の表示はありますが、手をかざすかボタンで画面表示を消せるので、焼き付きが気になる方はご安心を。




Moto360と並べてみました。盤面はやや小さくなりましたが、気になるほどでもありません。こうして並べるとMoto360が安っぽく見えてしまいます。







外観


ディスプレイはほんのちょっとだけ端が丸まったラウンドガラス。紺とも青とも言えない絶妙な色味の金属ボディとレザーバンドの組み合わせはホントに最高で、ここだけで「あぁ、買って良かった」ってなります。

Gear S2 Classicみたいにベゼルがギザギザになっているので、一見回せるんじゃないかと思いますが回せません。



本体右側にスピーカー。電話の際には相手側の声がここで聞こえるわけですが、時計に話しかけるなんてちょっと恥ずかしい。。。。




ワイヤレス充電なので背面に余計な端子は一切なく、ここだけ見るともう普通の時計。ちょっと残念なのは、技適の部分がミスっているのかシールが上に張り直されているところ。




右側にはマイクらしき穴と、ボタンになっている竜頭。本体のヘアライン加工が美しい。




時計のバンドも作りがしっかりしており、穴の間隔が狭いのでキツすぎず緩すぎないぴったりな位置で装着する事ができるのも嬉しいところ。なお、バンドは22mmのものであれば市販のものと交換できるようです。



 
スペック表に記載がなく、ディスプレイが液晶なのか有機ELなのか分からないんですが、屋外での視認性は直射日光の下でも割と良好です。




Q Marshalは標準でこれだけ豊富で完成度の高いウォッチフェイスが入っており(一番左上のものは違いますが)、どれを選んでもちゃんと似合ってしまうのが流石時計メーカーといったところ。背景色やアクセント色がカスタマイズ出来るようになっているのも良いですね。


バッテリーは?

 気になる電池持ちですが、朝10時から夜の10時ころまで接続して残量が75%。Wi-Fiはオフ、画面輝度は1といった省電力な設定に加え、今日はそれほど通知が来なかったこともあるんですが、自分の使い方だと余裕で2日は持つ感じです。先ほど書いたように充電器もコンパクトなので、これならちょっとした旅行にも連れていけそう。

 チップにはウェアラブル端末向けの省電力な「Snapdragon Wear 2100」が搭載されており、これが電池持ちの良さに貢献しているのかもしれません。
 このチップを搭載しているのはQ Marshal・Q WanderとZenWatch 3くらい。Zenwatch 3はまだ国内発売されていないので、今のところ日本ではこれが最新のAndroid Wear端末では無いでしょうか。



迷っているなら買いましょう



価格は39,960円〜42,120円。決して安い買い物ではありませんが、HUAWEI WatchやGear S2 Classicと比べるとまだ安価なほうですし、何と言っても時計メーカーらしい質感の高さとオシャレさは他のどのスマートウォッチよりも優れていると思います。

Fossil直営店だけでなく、最寄りのロフトの時計コーナーにも展示されていました。気になる方は、一度実機を見て確かめたほうが良いかもしれません。

買うか買わないか迷い続けるのは心に毒。いっそ買ってしまって楽になりましょう。きっと満足するはず。


※更新
11月26日現在、AmazonにてFossil Q Wander・Q Marshalの25%割引セールが実施されており、約10,000円ほどお買い得になっています。気になっていた方はこの機会に是非!




You Might Also Like

0 コメント