Sponsor

【SoftBank】2018年夏モデル4機種を先駆けて発表するも、Galaxyは無し


 本日、ソフトバンクが2018年の夏商戦向けスマートフォン4機種を発表しました!
auはまだ情報が出ていませんが、docomoは5月24日に発表会が開かれるみたいですね。

 今回、SoftBankからはGalaxyの発表はありませんでした。ハイスペックスマートフォン目当てであればGalaxy S8/S8+やXPERIA XZ Premiumが発表されるであろう、docomoがやはり本命でしょうか。


今回発表されたのは以下の4つ。

XPERIA XZs 



 前モデルの「XPERIA XZ」の改良版。デジタル一眼のα9にも搭載されている、新開発のメモリー積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載。撮影する直前の画像を記録し、動きのある被写体に効果のある「先読み撮影」や、960fpsのスーパースロー撮影が可能となっています。 そういった新しい技術が影響してか、以前のXZよりもカメラ部の出っ張りがやや大きくなっています。
 あと変わったところと言えば、RAMが4GBになったことや、背面のメタル素材がサンドブラスト加工によってマットな質感になったぐらいでしょうか。黄色のカラバリも今のところ日本だけのようです。

5月下旬に発売予定で、12日より予約受付開始。


XPERIA XZs
OS Android 7.1 nougat
CPU Qualcomm Snapdragon 820
メモリ 4GBRAM・32GB
バッテリー 2900mAh
ディスプレイ 5.2インチ液晶(1920×1080
カメラ メイン:19.2MP
サブ:13.2MP
サイズ 146×72×8.1~8.7mm 161g
カラー ブラック・ウォームシルバー・アイスブルー・シトラス




AQUOS R



 今回発表された夏モデルの中で唯一のSnapdragon 835搭載機。従来のIGZO液晶による省電力はもちろん、色再現性を強化し「見せる」事にこだわったスマートフォンとなってます。
 他社製品ではあまり見かけない、高画素のインカメラも特徴の1つ。画素が高いから良い写真が撮れるというわけではありませんが、近頃の自撮りニーズにしっかり応えた製品となっています。

 ちなみにRの意味は「Reality・Response・Robotics・Reliability」に由来しているものだそう。
7月上旬に発売予定で、6月16日より予約受付。


AQUOS R
OS Android 7.1 nougat
CPU Qualcomm Snapdragon 835
メモリ 4GBRAM・64GB
バッテリー 3160mAh
ディスプレイ 5.3インチIGZO液晶(2560×1440)
カメラ メイン:22.6MP
サブ:16.3MP
サイズ 153×74×8.7mm 169g(暫定値)
カラー マーキュリーブラック・ジルコニアホワイト・ブレイズオレンジ




AQUOS ea



 "いーえー"か"えあ"?どうやって読むのが正解なんだろうか...
 何処かでも覚えのある外観だと思ったら、Y!mobileから発売された「507SH」にそっくり。そっくりというかほとんど同じなので、兄弟機でしょうね。

 こちらは7月中旬に発売予定。



AQUOS ea
OS Android 7.1 nougat
CPU Qualcomm Snapdragon 617
メモリ 2GBRAM・16GB
バッテリー 3010mAh
ディスプレイ 5インチIGZO液晶(1280×720)
カメラ メイン:13MP
サブ:5MP
サイズ 142×71×8.8mm 135g(暫定値)
カラー ホワイト・ブラック・ピンク




DIGNO G



 シンプルな見た目ながらも、アメリカ国防総省が定めるMIL-STD-810G企画に準拠する耐衝撃性能を有し、防水防塵にも対応。
 従来のフィーチャーフォンに近い感覚で扱えるスマートフォンということで、初めてスマートフォンを持つという方にとっては使いやすい製品だと思います。スマホで赤外線が使えるというのは結構久しぶり?



DIGNO G
OS Android 7.1 nougat
CPU Qualcomm Snapdragon 425
メモリ 2GBRAM・16GB
バッテリー 2300mAh
ディスプレイ 5インチ液晶(1280×720)
カメラ メイン:13MP
サブ:2MP
サイズ 143×72×10.6mm 142g(暫定値)
カラー ホワイト・ブラック・レッド


SOURCE:SoftBank

コメントを投稿