Sponsor

【lofree】MacのUS配列でも快適に日本語入力を切り替えたいなら「Karabiner-Elements」がおすすめ


lofreeが到着してから、1ヶ月が経過しました。今のところ不具合も無く、Macを外部モニターに接続して使う時にとても重宝しています。 ただ....



US配列が慣れん


キーボード自体には何ら問題は無いのですが、どうしても気になるのがUS配列のキーボードであるという事。

自分のMacがJIS配列であるため、いざこちらを利用する時に英数かなの切り替えで、どうしてもスペースキーの横を押してしまうのが癖になっています。

Google日本語入力では英数が「command+shift+;」で、ひらがなが「command+shift+J」と、まぁ〜切り替えがめんどくさい。ブログを書いていると頻繁に切り替えることがあるので、その度に「どれを押せば良いんだっけ...」とストレスが溜まります。


JIS配列で慣れてしまった




救世主「Karabiner-Elements」


そんな中見つけたのがこの「Karabiner-Elements」。自分が知らなかっただけで、Macユーザーには有名だったみたいです。

これはMacのキーを本来の役割以外のものに割り当てることが出来るというソフト。大元である「Karabiner」は現在mac OS Sierraに対応していませんが、機能を簡素化したこちらであればSierraでも利用することが出来ます。

これを使えば、スペースキー横のcommandキーをJISのような英数かなに割り当てることが可能になります。

ダウンロードはこちらから。



インストールし、立ち上げるとこのような画面が出てきます。あとは「Add item」から変えたいキーを選択し、割り当てたい機能を設定します。

機能が簡素化されていることもあって、例えば左右のcommandキーを英数かな切り替えに割り当ててしまうと、commandとしての機能は使えなくなってしまいます

commandキーを使うコピペやその他の機能が利用できなくなるのは嫌なので、自分はあまり使わないoptionキーを割り当てました。

MacのUSキーボードユーザーはもちろん、lofree DOTキーボードでも利用できるのでお試しあれ。



大元の「Karabiner」ではcommandキーの短押しで英数かな切り替え、長押しで従来のcommandと、両立ができるのだとか。明らかにこちらのほうが便利なので早く対応して欲しい。。。


コメントを投稿