Post Page Advertisement [Top]

中国vivo「X20 Plus UD」:認証は画面に指を置くだけ。画面内に指紋認証センサーが埋め込まれた世界初のスマートフォン


中国vivoから、画面内に指紋認証センサーを埋め込んだ世界初のスマートフォン「vivo X20 Plus UD」が発表されました。

プロトタイプ自体は今年のCES 2018にて展示されてはいたようですが、この度ちゃんとした製品として発表。いずれはこのような端末が出るとは思ってはいましたが、先陣を切ったのはやはり中華スマホでしたね。


Clear ID™ FS9500


画面内指紋認証の実現にあたっては、Synapticsの光学式指紋認証センサー「Clear ID™」が採用されています。画面内にセンサーが組み込まれることにより、端末のより柔軟なデザイン設計が可能で、指が乾燥している状態でも認証可能、また耐久性に優れているとしています。
Synapticsのプレスリリースによれば、すでに上位5社のスマートフォンOEMにこのセンサーを出荷することが明かされています。他のメーカーからも同様のスマートフォンが発表されるのも時間の問題でしょうね。



vivo X20 Plus UD


X20 Plus UD
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 660
RAM・ROM 4GB・128GB
ディスプレイ 6.43インチ AMOLED 2160×1080
バッテリー 3905mAh
サイズ 80.02×165.2×7.35mm
カメラ フロント:12MP×2
リア:12MP×2

中国では2月1日より発売で、価格は3598元。オンラインストアでは予約を受け付けていますが、既に完売との表示が。

海外サイトのYoutubeチャンネルを見ている感じだと、現行の指紋認証と比べ速度・精度ともに遜色無さそうです。指紋の登録も従来のスマートフォン同様で、センサーがある部分の上を複数回タッチして登録を行います。

最近のスマートフォンはベゼルレス化を追い求めるあまり、従来表面にあった指紋認証センサーが背面や側面に移動するなど、利便性がやや損なわれている印象でした。今回のように画面内にセンサーが組み込まれてしまえば、利便性のみならず、スマートフォン自体のデザインが従来以上に洗練されたものになりそうです。


SOURCE:vivo

0 件のコメント:

コメントを投稿

Bottom Ad [Post Page]