Post Page Advertisement [Top]

止まらない肉と酒の供給....千駄木にある「肉と日本酒」が最高過ぎて震えた



スマホの画面越しに見ていたあの光景を、まさか体験するとは....感謝感激雨あられですね。

という訳でヤバイ人が集まると噂の「超でこ肉会」に、今回初めて参加させてもらいました。イベント名そのまま、まさに肉とお酒のカーニバル。

あぁ、昨日に戻ってもう一度肉食いてぇ。


千駄木「肉と日本酒」


ここは完全予約制の店で貸し切りでもあるため、予約するにはそれなりの人数を揃えないといけないんだとか。

ネットで調べてみたら「予約取ったら1年後だった」みたいなコメントもありました。6500円で肉とお酒をたらふく楽しめるんですから、当然こうなりますよね〜。

お酒飲めなくても、肉で十分元が取れる感じです。



まずは29グラスで歓喜の祝杯。瓶ビールや日本酒は各自で取りに行きます。

日本酒だけで数十本取り揃えられていました。写真撮っときゃ良かった。



A5ランクの肉やらイベリコ豚やらが盛られた圧巻の絶景を前に、語彙力もどこかへ蒸発してしまいます。




じゅわー。



旨味を凝縮させすぎた豚トロ。うますぎた〜。



店員さんがちょくちょくオススメの日本酒を持ってきてくれます。

安い居酒屋で飲んだ安い日本酒がトラウマで日本酒は嫌いだったんですけど、ここにきて180°変わりました。味、鼻に抜ける風味、喉越し、どれをとっても一流です。

酒は弱いほうなので同じくらいの水をはさみながら、また肉をつつきます。



目も口も鼻も全部幸せ。


自分でご飯をよそったら、店員さんに具と温玉を乗っけてもらって即席牛丼。

食べ過ぎると後食えなくなるよ、と注意を受けていたのに食ってしまった。あきらかに配分をミスり、コレより後のメニューは腹パンパン状態。ごめんなさい、次こそは...。



なんだかんだでサッポロビールが一番好き。

いろんな肉が登場するなり、大人たちが強そうなカメラを持って撮影。濃い。

いろいろな画素数モンスターからの暴力を受け、1600万画素の我がマイクロフォーサーズ機は完敗を喫しました。




シメに一口カレーと冷麺が登場。カレー食いたかった...食えなかった....


あまりにも食の方に夢中になりすぎて、写真あんま撮ってなかったのが後悔。ごちそうさまでした!

ありがとう、肉と日本酒、ありがとう、超でこ肉会。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Bottom Ad [Post Page]