世は完全ワイヤレスイヤホン戦国時代。特に今年になってからは様々な新製品が発売され、街中でも完全ワイヤレスイヤホンを装着している人を見かけることが多くなりました。

そんな中、先月ベルリンで行われた家電見本市「IFA 2018」において、ドイツの有名音響機器メーカーSENNHEISERが同社初となる完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」を発表しました。海外での発売は11月中旬頃で、価格は299ユーロ。

MOMENTUMシリーズは、音へのこだわりはもちろんデザイン性の高さで評判を集め、過去にはヘッドホン・カナル型イヤホン・ワイヤレスイヤホンで展開されてきました。そして今回、その"MOMENTUM"の名を引っさげ、完全ワイヤレスイヤホンが新しく仲間入り。

全体的にグレーとブラックカラーで統一され、一切無駄のないミニマムなデザイン。よい...とてもよい...欲しい...


MOMENTUM True Wireless


ファブリック調の素材にSENNHEISERのロゴのみがプリントされたシンプルなイヤホンケース。イヤホン単体では4時間のバッテリー駆動で、ケースに収納すればイヤホンを2回分フル充電できるようです。

スピン加工が施されたフェイスプレートもなかなかシャレオツ。


見た感じ、ケースの開閉は磁石っぽい。

充電端子はUSB Type-C。

最近のものもそうですが、これからはUSB Type-C端子のデバイスがどんどん増えてくると思われるので、充電のときにそれぞれが共通で使えるというのが楽で良いですね。iPhone・iPadもこの端子に早くならねぇかなぁ。


イヤホン本体には7ミリのダイナミックドライバーを搭載。フェイスプレートはタッチセンサーになっており、タップ操作で音量のアップダウン・音楽操作が出来るようになっているほか、Apple SiriやGoogle Assistantを起動させることもできます。

NFMI(「近距離磁気誘導技術」のこと。干渉による音の途切れがほとんど無いとされている。)接続で、IPX4の防水で、Bluetooth 5.0をサポートし、aptX・aptXLL・AAC・SBCに対応。最高では?




来年になったら多分もっと良い商品が出てくるだろうからそれまで我慢するか〜、とは思ったんですが書いてみて改めて欲しいと思っちゃいましたね。

今使っているBOSEの「SoundSport Free」も音は途切れないし音の出し方も好きなんですが、なんせ遮音性が低いのが難点。
また音漏れも結構するようで、通勤電車の中なんかは音漏れに配慮してボリューム小さめで聴いてるんですが、そうすると電車の音が音楽を邪魔するんですよね。あとあの独自のイヤーピースがどうも耳に合いにくい。


まずは音を聴かないことには始まらないので、早く国内発表してくれないかなぁ〜。

SOURCE:製品ページ

Tags: オーディオ新製品

コメントを投稿

0 コメント

スキップしてメイン コンテンツに移動