iPad手に入れてから、はや数週間。iPadに付けるフィルムとかカバーどうしようかと色々と悩んだ結果、純正のSmart Folioを選びました。

フィルムに関してはAmazonなどでも色々と見ていたのですが、Face IDが動作しなかったりするものもあった(特に全面保護フィルム)ようで、どれ1つとしてしっくりくるフィルムがなく、なかなか手を出せずにいました。

良さげなガラスフィルムでもあれば別にカバー要らんかなぁとも思っていたんですが、なかなかまだ出てきそうにないので、ちょっと値は張るけれど機能的な純正のカバーを選んだ次第です。




内側はスウェード調の素材。本体とカバーは磁力でパチっとくっつきます。

iPadのFace IDもiPhone同様に結構早いので、カバーを開けてほぼ同時にスワイプするだけで使い始められるのはめちゃ便利。


カバーを閉じてみるとこんな感じ。はみ出すことなく、逆に足らなくもない絶妙な加工具合は流石純正といったところ。
ちなみに保護してくれるのは表面と背面のみ。フレーム部はむき出しの状態です。


先ほども言ったように側面はむき出しの状態なので、Apple Pencilもカバーをつけたまま装着できます。一部のサードパーティ製のカバーではここが干渉してしまって使えないものもあるみたいですので、ご注意を。


出目金カメラの部分もバッチリ。


この手のカバーは、いざ使うときにオモテのカバー部分がピラピラして鬱陶しいとばかり思っていたんですが、そこはさすが純正。というかiPad自身の磁力が強いだけなんですが、裏返してもピタッとくっついてくれるので、片手で持ったときにカバーが邪魔になることはありません。

これだとカメラ使えないじゃん!と思ったそこの貴方。大丈夫、その部分をさらに折り返してもちゃんとくっついてくれるから。




磁力のおかげで結構きっちり付いているので、ちょっとやそっとの揺さぶりでは落ちなくなっています。


磁力が強いからこんなところでも使えるぜ!ってことで、キッチンの壁に貼ってみました。どこかで冷蔵庫に貼り付けられるみたいな情報を見かけたので、これはもしや...と思ってやってみたらやっぱり付きましたね。
iPad単体だと自重でずり落ちてしまうんですが、カバーを付けたことによって「面」でひっつく部分が増え、支えなしでもバッチリくっつきます。

これでクックパッド飯が捗る...!!!

まとめ


やはり純正というところで、細やかなところのフィット感・使い心地はしっかりと計算された造りになっています。

ただ気になるのはその価格。この値段だったらガラスフィルムもケースも両方買えるんじゃないの?というくらい強気の価格設定ですが、できるだけシンプルで使いやすいものに拘りたかったので少々高くても純正品を選びました。

重さはあまり増やしたくないけど、ある程度は保護したい、という方にオススメ。


Tags: Appleレビュー

コメントを投稿

0 コメント

スキップしてメイン コンテンツに移動