今、中華イヤホンがスゴイ。個人的に本気でオススメする3万円台イヤホンを2つ紹介!


皆さんは普段、どのようなイヤホンを使用しているでしょうか?

スマートフォンを購入した時に最初から付いていた付属品のもの、100均イヤホン、ワイヤレスイヤホン等々十人十色あると思います。

今回紹介するのは、一般の感覚から言うとかなり高めの3万円台のイヤホン。でもこの価格帯というのは本当に良い製品が多くて、それぞれ個性がハッキリ別れていることから「自分好みの音」に一番出会える所だと個人的には感じます。ここまで出すとそこがゴールと思うかもしれませんが、実は沼の始まりでもある恐怖の価格帯。

先日eイヤホンに寄った時にいろいろなものを試聴してきたんですが、その中から個人的に本気でオススメできる隠れた名機?を2つご紹介したいと思います。聞き馴染みのあるメーカーの製品では面白くないので、マイナーなところを攻めてみました。試聴環境はNW-ZX300直挿し。結論から言うと、中華イヤホンがアツい!


Rose BR5 Mk2 36,800円

AliExpress製品ページより

この記事を書こうと思ったきっかけになったほど、オススメ度No.1のイヤホン。Roseという全く聞いたこともない中国メーカーですが、これがスゴかった。

なんというか音とか質感含め、このクオリティが3万円台で手に入るのがちょっと信じられないくらい。カスタムIEMかと思うくらい耳の中まで本体がしっかり入るので遮音性が高く、より音楽に集中して聴くことが出来ます。シェルのデザインもお洒落ですよね。

低域1つ・中域2つ・高域2つの5BAドライバー構成であることから、低域の重みやボリュームに欠けるところはありますが、音のキレ・透明感は同価格帯の中ではトップクラスなんじゃないかと思います。
そばで歌ってくれているかのようにボーカルは近く、かつ楽器との分離感も良い。

個人的にはドンピシャで大好きな音でしたが、レビューを見るとDAPによって合う合わないがあるみたい。でも、1回聴いてみて欲しい。予想の斜め上の音を出してくれます。



qdc NEPTUNE 30,000円

qdc Company Newsより

こちらも中華イヤホン。qdc(Shinzhen Qili Audio Application,ltd.)は、軍向けの音響研究を行い培ってきた技術力を活かした製品づくりを行うカスタムIEMメーカー。

それらの製品の中でエントリークラスに位置づけられているのが、このNEPTUNE。

通常バランスド・アーマチュアドライバー(BA)を多数搭載するイヤホンは、それぞれのドライバが発する周波数を調整し高音質化を図るために時間がかかり、それ相応の高価格になってしまうもの。
しかし、このNEPTUNEは低・中・高域すべてを担うBA1基だけというシンプルな構造のため、手が届く価格にまで抑えることが出来たとしています。

何も味付けのない非常にスッキリとした音。ややドンシャリな傾向があるかもしれませんが、全体のバランスも良くどんなジャンルの音楽でも持って来い!という印象でした。世の中に良いイヤホンは数あれど、メインでもサブでも使える1本は持っておきたいイヤホンという感じ。

フェイスプレートに使用されているマイカ(鉱物の一種)の透き通るような青色も綺麗で、レザーのイヤホンケースまで付いてくるといった充実ぶり。音良し、見た目良し、付属品良し。文句ありません。



ということで個人的に本気でこれは良い!と思ったもの2つをご紹介しました。もちろんこの2つ以外にも3万円台だと他に良いものはたくさんありますけど、最近の中華イヤホンは安かろう悪かろうからコスパモンスターに進化しつつあるような気がします。

どうせなら良い音で聴いて気分をリフレッシュしたいなぁ、というそこの貴方。これを機に、いつも聴いている音をグレードアップしてみませんか?


M droid

Mdperia!の管理人。何となく洒落たもの、新しいものが好きな物欲まみれの大学生。

0 件のコメント:

コメントを投稿